シミウス

口コミで話題の美白ジェル!肌への危険や副作用は?

以前、美白化粧品による副作用が問題になったことがありました。シミウスには副作用の原因になるような危険な成分は含まれていないのでしょうか?

 

 

→美白に効くシミウスって?詳しくはこちら


美白化粧品の副作用ってどんなものがあるの?

数年前、美白化粧品が原因で白斑が出たというニュースを覚えている方も多いのではないでしょうか。そもそも白斑とは、何が原因で起こる商品なのでしょう。

 

多くの美白化粧品には、メラニン色素に働きかける成分が含まれています。メラニン色素が生成されるのを防いだり、メラニン色素を分解したりと、その作用はさまざまです。

 

しかし、このような成分が強く働くとメラニン色素だけでなく、肌が本来持つ色素まで壊してしまいます。色素が壊れてしまった部分は、漂白されたように肌が白くなってしまいます。これが白斑という症状です。

 

白斑は飲み薬や塗り薬、光線治療で改善できます。ただし、治療にかかる時間は症状や体質によってまちまちです。完治まで半年以上かかったという事例もあるんですよ。

 

このような症状は、原因となる化粧品を使い続けることで少しずつダメージが蓄積された結果あらわれます。そのため、白斑の原因になると気付かずに使い続けてしまう人も多いんです。

シミウスで副作用が起きた事例はあるの?

白斑のような副作用は、どんな美白化粧品にも起きるというわけではありません。肌にダメージを与えるような強力な化学成分や、開発されてから間もない新成分に気を付ければ副作用のリスクはある程度避けられます。

 

特に海外の化粧品は、日本で認可されていない成分が含まれることもあるので気を付けてくださいね。副作用のリスクが高い成分というと、どのような成分があるのでしょうか?代表的な成分として、ハイドロキノンが挙げられます。

 

ハイドロキノンはメラニン色素を作る元となる細胞そのものを減少させてしまう、強力な成分です。強力な分副作用のリスクも高く、肌荒れや白斑などの原因となります。

 

シミウスには肌への刺激が強い成分や副作用のリスクが高い成分は使用されていません。口コミによると、シミウスで副作用があったという声も見当たりません。むしろ敏感肌や乾燥肌、アトピー肌の方でもリピートできるくらい肌にやさしいんです。

 

 

→シミウスの成分をもっと知りたい!詳しくはこちら

医療業界も注目!?

シミウスは2014年発行の「医学と薬学」という薬物療法の専門誌に掲載されています。シミウスの効果や安全性は医療業界でも注目されているんです。

 

さらに、シミウスは一般化粧品ではなく医薬部外品として認定されています。医薬部外品とは成分や効能、安全性まで一定の基準をクリアしている商品でなければ認められません。医薬品ほど劇的な作用はないものの、その分効き目も穏やかで、副作用の危険も少ないんですよ。

 

シミウスには自然由来の天然美容成分が100種類以上含まれています。美白成分や保湿成分はもちろん、抗炎症成分や血行促進成分など、さまざまな美肌効果が期待できる成分が配合されているんです。

 

シミだけでなく敏感肌やアトピー肌、乾燥肌、ニキビ肌など、さまざまな肌トラブルを改善する効果が期待できます。

 

 

→シミウスのさらに詳しい情報はこちら

 

 

ホワイトニング リフトケアジェル

 

 

 

 

 

_